このエントリーをはてなブックマークに追加

身体の痛み

白衣を着た人

腰を大切に

人間が健康に活動する為には身体が正しく機能しなければなりませんが、生まれつきや病気やケガによって、上手く動かせなくなるリスクがあります。特に腰痛になると立ち上がったり歩いたり物を運んだりする事も、容易に出来なくなり日常生活に不自由が生じます。骨が脆くなったり関節がすり減ったり骨の形状に異常がみられる時には、特に専門医の診察と治療が必要です。また、腰痛は年齢に関係無く、激しい運動をしたり重たい物を持ち上げたりぎっくり腰になってしまうなどで起こります。それぞれに合った処置をすれば、短期間で治す事も可能ですが、ちょっとした動作を改善して生活しなければ、何回でも再発するリスクがあり厄介です。一度、腰痛を発症したら普段から身体を鍛えて、腰痛になりづらい体型になる必要があります。

毎日のケア

腰痛は働く人にとってもつらい症状で、立ち仕事や座り仕事、力仕事全てにリスクがあります。仕事でストレスがかかった身体は、その都度、ケアする必要があります。湯槽に浸かりマッサージするだけでも、血行が良くなりストレスが緩和されます。また、流行りのリラクゼーショングッズを利用したり、温泉施設を利用する事も有効です。特に効果的な治療を受けるのであれば、診療科による診察を受けると良いでしょう。腰痛は内科や外科が対応しており、全国に多くのクリニックが存在しています。専門的な知識を持つ担当医が在籍しているクリニックであれば、より効果の高い治療を受けられるでしょう。

気付きにくい病気です

ナース

食道がんは早期では発見しにくいがんで、転移や再発がしやすいと言われていますが、その治療としては手術、化学療法、放射線療法などを組み合わせることが多いようです。でも、最近ではこの他に、免疫細胞療法や温熱療法など、殆ど副作用がなく、進行したがんの場合でも利用できるような治療法も行われています。

詳しく見る

がんと生活習慣

診察

咽頭がんと診断されても、諦めずに冷静な対処が求められます。喫煙や食事の生活習慣を見直すことでも、リスクはかなり軽減されるはずです。CTや内視鏡検査を受けることが大切ですし、喉の違和感があればすぐに病気で診てもらって下さい。

詳しく見る

健康を守るため

医者と患者

現代では、子宮頸がんが20代から30代の女性に多くみられます。早期に発見すると、完治出来る病気なので早めに発見することが大切です。そのためには、産婦人科などの医療機関や自治体で行われている無料検査を積極的に受けることが大切です。

詳しく見る